受験生タイプ別の最適な勉強法について知ろう!

宅建試験の勉強法には「独学で学ぶ」「通学講座を受講する」「通信講座を受講する」の3つの方法がありますが、最初のページでも述べたとおり、自身の実力、性格、学習環境等を把握したうえで、自分に合った勉強法を選ぶことが肝心です。このページでは、どんな人にどの勉強法が合うのかについて、述べてみたいと思います。


●独学が合う受験生タイプ
【実力】
宅建試験の学習経験者向きの勉強法です。逆に言えば、不動産や法律について十分な知識を持たない初学者には不向きの勉強法と言えます。
【性格】
自分のペースでこつこつ勉強したい人向きの勉強法です。そのためには、誘惑などに負けない強い意志が必要になってきます。
また、学校が用意したお仕着せの教材やカリキュラムではなく、自分で工夫して勉強したいという人にも、独学は向いていると思います。
【学習環境等】
さまざまな事情により、受験勉強にあまりお金をかけられない人にとって、独学は有力な選択肢となります。


●通学講座が合う受験生タイプ
【実力】
初学者から受験経験者まで、あらゆる実力の受験生に対応できます。
【性格】
「多くの受験仲間と一緒に勉強をしたい」「強制されないと勉強できない」など、ひとりでの学習や自発的な学習を苦手とする人に向いている勉強法です。
【学習環境等】
まず前提条件として、自宅または職場から通える範囲内に学校がなくてはいけません。そのうえで、通学講座の受講料は決して安くはありませんので、資格の勉強に投資できるだけの金銭的余裕が求められます。


●通信講座が合う受験生タイプ
【実力】
初学者から受験経験者まで、あらゆる実力の受験生に対応できます。
【性格】
「通学講座のように学習するための時間や場所を縛られたくない。かと言って、独学のような放任も嫌!」といった欲張りな人におすすめな勉強法です。
【学習環境等】
近くに学校がない、または毎週決められた日時に通学するのは難しい人など、あらゆる学習環境に対応できる点が通信講座の魅力です。

Copyright(c) 2014 宅建の資格取得術&資格活用術 All Rights Reserved.