試験科目の特徴と性質について知ろう!

試験の実施概要のページでも確認したとおり、宅建試験の出題範囲は計7分野からなります。ただし試験対策上は、「主要3科目+その他科目」といった具合に、4つに整理すると、試験の傾向が把握しやすくなるかと思います。


主要科目の1つめは「宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること」(以下、宅建業法)です。みなさんがこれから資格取得を目指す「宅地建物取引主任者」という資格そのものを始め、そのほかにも、宅建の業務や宅建に関する各種用語なども規定する大事な法律ですので、宅建試験においても超重要科目となってきます。

試験の実施概要のページで、宅建試験は全50問からなると紹介しましたが、そのうち、この宅建業法科目からの出題は20問にも及びます。全体の4割を占めるわけですから、宅建業法科目の攻略なくして、宅建資格取得はあり得ないとまずは心得てください。


主要科目の2つめは「土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること」(以下、権利及び権利の変動)です。こちらは、全50問中14問出題と、宅建業法に次ぐボリュームとなっています。
宅建というのは不動産取引に関する専門的な資格ですが、不動産取引、具体的には土地や建物の売買・貸借・交換というのはすべて、権利の所有と移動の問題に帰結します。だから宅建試験においても、権利及び権利の変動について学ぶことは必須というわけです。


主要科目の3つめは「土地及び建物についての法令上の制限に関すること」(以下、法令上の制限)です。ボリュームは少し落ちますが、それでも全50問中8問が、この法令上の制限科目から出題されます。
宅建試験は不動産分野の試験であると同時に法律分野の試験でもあります。この科目はそれを象徴する科目で、不動産に関するさまざまな法律の知識がここでは問われます。


残る「土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること」「宅地及び建物についての税に関する法令に関すること」「宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること」「宅地及び建物の価格の評定に関すること」が、その他科目という位置づけになります。各分野から出題されるのは多くて3問。その他科目全部を合計しても8問程度の出題にとどまります。よって資格取得を目指すうえでの学習の優先度は当然、主要3科目と比べると下になります。

Copyright(c) 2014 宅建の資格取得術&資格活用術 All Rights Reserved.