Posts Tagged ‘女性’

宅建合格者の性別・年齢・職業の特徴を知ろう!

2014-05-28

前のページに引き続き、ともに宅建資格取得を目指すライバルたちの実態を「合格率」の観点から読み解いていきたいと思います。

宅建試験の受験者数・合格者数・合格率に関するデータを整理すると、「宅建試験は、毎年20万人の人が受験し、そのうち3万人が合格する試験」ということができます。3万人という合格者数を多いと捉えるか少ないと捉えるかは人それぞれだと思いますが、ここで注目すべきなのは、3万人という数字そのものではありません。むしろ大事なのは、3万人の中身の方です。

宅建



平成24年度試験を例にして、合格者の中身について詳しく見ていくことにしましょう。

平成24年度宅建試験の合格者数は32,000人で、そのうち男性合格者が23,018人、女性合格者が8,982人でした。合格者の男女比は7:3です。

この数字だけを見ると、宅建試験は男性有利・女性不利の試験のようにも思えますが、もうひとつ興味深いデータがあって、男性受験者の合格率が16.5%であるのに対して、女性受験者の合格率は17.5%となっています。ちなみに、合格率の“男低女高”の傾向は平成24年度だけでなく、平成23年度や平成22年度の宅建試験でも認められました。
その意味では、宅建試験は男性有利・女性不利どころか、むしろ女性にこそ有利な試験だと言えます。


性別に引き続き今度は年齢について見ていきますと、合格者の平均年齢は35.5歳。男性は36.0歳で女性は34.3歳ですから、年齢に関しては男女差というのは特に認められません。

宅建試験は科目の性格上、暗記力が求められる部分があるので、資格取得を目指すのなら、やはり30代くらいがベストであり、そのことは合格者の平均年齢にも表れています。しかしだからと言って、若くないといけないかというとそんなことはなく、60代以上の合格者も大勢います。最高齢合格者は83歳ですから、年齢を理由にして、宅建試験への挑戦をあきらめる必要はまったくありません。


最後に、宅建というと不動産業界に従事している人のための資格と思われがちなのですが、実際はそんなことは全然ありません。事実、合格者に占める不動産業従事者の割合はたった3割。残りの7割は、他業界の人だったり、学生や主婦だったりします。

性別や年齢、実務経験を問わず誰でも資格取得を目指せる、そして実際に老若男女問わずさまざまな人たちが合格している、このあたりの間口の広さはやはり宅建の大きな魅力のひとつと言えるでしょう。

Copyright(c) 2014 宅建の資格取得術&資格活用術 All Rights Reserved.