Posts Tagged ‘資格’

不動産会社での仕事について知ろう!

2014-05-29

不動産業界のなかで宅建資格をもっとも活かすことができるのは、流通業者と呼ばれるタイプの不動産会社です。このページでは、そんな流通業者での実際の仕事内容について見ていきたいと思います。

流通会社において、宅建資格を取得したばかりの新人がまず任される仕事は、お客さんから不動産の購入を依頼された際の仲介業務です。購入を依頼された際の仲介業務は、お客さんの希望条件を確認するところから始まり、条件に見合った物件の検索、現地案内を経て、売買契約を締結するというのが基本的な流れとなっています。

一方、ある程度仕事に慣れてくると、今度は不動産の売却を依頼された際の仲介業務を任されるようになります。こちらの基本的な流れは、売却を希望する不動産の価格を査定するところから始まり、媒介契約の締結、販売活動を経て、売買契約を締結するという流れになっています。


両方を比べてもらえればわかるとおり、購入を依頼された際の仲介業務と売却を依頼された際の仲介業務では業務フローが異なります。特に、売却を依頼された際の仲介業務においては、始めに価格の査定を行うわけですが、価格に納得してもらえなければ、そこでその仕事はご破算になってしまうので、より高度なスキルが求められます。だからこそ、新人はまずは購入の仲介業務で経験を積んでから、売却の仲介業務に携わらせてもらえるようになるのです。

ちなみに「流通業者」は別名「仲介業者」とも呼ばれるように、そこでの仕事の中心は仲介業務になりますが、単にデスクワークをするばかりではありません。たとえば、現地に足を運んで、敷地境界を示す境界標の有無を調べたり、土地の間口や道路の幅を測ったりすることも、大切な仕事のひとつです。

そして、宅建の有資格者にとってもっとも大事な仕事が、契約の場面における「重要事項の説明」「重要事項説明書への記名押印」「契約書への記名押印」です。これらは、宅建主任者の独占業務とされていて、宅建資格を持たない者はこれらの業務を行うことができません。裏を返せば、宅建主任者にとってはまさに腕の見せ所というわけです。

不動産会社の特徴について知ろう!

2014-05-29

ここまでは、宅建資格を「取得するまで」を中心に話を進めてきましたが、当然のことながら、資格は取得しておしまいではなく、むしろ取得してからの方が大事です。
そこで、ここからは「宅建資格活用編」と題して、宅建資格を「取得してから」のことについて述べていきたいと思います。

a68a57a36b1a75c8b23e08878712136e_m



既に在籍されている方、あるいは将来的に就職・転職を考えている方などさまざまかと思いますが、宅建資格が最大限に活かせるのは不動産業界、そのなかでも流通業者と呼ばれるタイプの不動産会社です。
一口に「不動産会社」と言っても、開発・分譲業者、流通業者、賃貸業者、管理業者などがありますが、土地・建物の売買や賃貸の仲介を行うといった、みなさんが思い描く不動産会社のイメージにもっとも近いのが、流通業者なのです。

残る3つのうち、賃貸業者というのは大家さんのイメージ。開発・分譲業者だと宅建よりも建築士資格の方が、管理業者だと同じく宅建よりも管理業務主任者資格の方が、その業務の性格上、相性が良いと言えるかもしれません。

さて、流通業者はさらに、大手の流通業者と中小の流通業者に大別することができます。
一般的に、大手の流通業者ではチームワークで仕事を進めて行くのに対して、中小の流通業者では大きな裁量が与えられて個人で仕事を進めて行く傾向にあります。

また、大手と中小とで異なるのは仕事の進め方だけでなく、給与体系なども大きく異なります。大手の流通会社では、給与に占める固定給の割合が高く、安定した収入を得ることができます。それに対して中小の流通会社では、給与に占める歩合給の割合が高くなっています。安定感という意味では、大手の流通会社に劣りますが、そのぶん、頑張り次第で大手以上の収入を得られるというメリットもあります。

もちろん、どちらが良い・悪いということはなく、自分の働き方に合った会社を選べば良いと思います。ただし、将来的に独立・開業を考えている方は、中小の流通会社の方がより短期間で、より多くの経験を積むことができるので「近道」と言えます。

宅建試験の実施概要 について知ろう!

2014-05-28

宅建は国家資格ですから、資格取得のためにはまず宅建試験に合格しなければなりません。また、宅建試験が実際にどのように行われているのかを正しく知ることも、資格取得を目指すうえでは大切になってきます。
このページでは、宅建試験の実施概要について、ポイントのみをまとめてみました。

●受験資格
宅建試験には受験資格はありません。つまり、年齢・性別・学歴・実務経験の有無を問わず、誰にでも資格取得のチャンスがあるということです。こうした間口の広さもまた、宅建人気の大きな要因のひとつになっているようです。

●試験日
宅建試験は毎年10月の第3日曜日に実施されます。試験は年1回のみとなっていますので、仮に不合格になってしまうと、次のチャンスまで1年間待たなければなりません。ぜひとも一発合格を目指したいものです。

また、申込み忘れなどないようにくれぐれも注意してください。試験日は10月ですが、申込み受付は例年7月いっぱいとなっており。9月下旬に受験票が送付されます。
同じく、スケジュール絡みの話でいうと、合格発表は11月の最終水曜日または12月の第1水曜日のどちらかで、試験の実施機関である不動産適正取引推進機構のホームページ上で行われます。

●試験内容
宅地建物取引業に関する実用的な知識を有するかどうかを判定することに基準が置かれています。試験の内容は、おおむね次のとおりです。

①土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
②土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
③土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
④宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
⑤宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
⑥宅地及び建物の価格の評定に関すること。
⑦宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

●試験方法
試験は筆記により行われ、四肢択一式の問題が計50問出題されます。
試験科目や試験方法については、資格取得を目指すうえで非常に重要な部分でもありますので、ページを改めて詳しく解説したいと思います。

Copyright(c) 2014 宅建の資格取得術&資格活用術 All Rights Reserved.